シェリー・マンSHELLY MANNE & HIS MEN AT THE BLACK HAWKのページです
ジャズCD、LPショップ・AGATA
ジャズ ジャズショップAGATAのTOPへ
送料・お支払い 商品検索 レコメンド サイトマップ 買い物カゴマイページ




AT THE BLACK HAWK

このアルバムの感想を書き込む
SHELLY MANNE & HIS MEN AT THE BLACK HAWK
パーソネル
Shelly Manne(ds) Joe Gordon(tp) Richie Kamuca(ts) Victor Feldman(p) Monty Budwig(b)
recorded 9/22-24/1959<
トラックス
1
Summertime
2
Our Delight
3
Poinciana
4
Blue Daniel
5
Blue Daniel(alternate take)
6
Theme


ウエスト・コーストを代表する名ドラマー、シェリー・マンの楽しいライブです。

様々なジャズ入門書でのウエスト・コースト・ジャズに対する取り扱いは少なくすみっこに追いやられている。確かに革新的なムーブメントでもなく、現代音楽かぶれな中途半端な作品も見られたが、白人たちがグループを通して適度なアレンジメントを施したハイセンスでスマートにスイングする「ウエスト・コースト・ジャズ」もジャズの魅力の一つだと思う。ウエスト・コースト・ジャズから「モダン・ジャズ」と呼ばれるようになったのも納得できる。

それだけにジャズを聞き始めた頃にこれに接することは少ない。僕もウエスト・コースト・ジャズの魅力を知ったのはだいぶ後になってからだ。しかし聞いてみると小気味にスイングするリズムに乗ったジャズは実に心地よいものだ。

その中でハイセンスで音楽的なドラマー、シェリー・マンは文字通りウエスト・コーストをスイングさせた。中には実験的な作品もあったがシェリー・マンの叩き出すリズムはウエスト・コーストのプレーヤーを鼓舞した。

彼のドラミングの中でも特にブラッシュ・ワークは特筆に値する。曲のメロディを常に意識した彼のプレイはドラムからメロディをたたき出せる男と形容されるほどであった。彼がバックでざくざくとブラシでリズムを刻むとき言いしれぬくつろぎとスイングが生まれた。

トランペット、テナーサックス+リズムセクションという彼のレギュラーグループ「HIS MEN」はハード・ドライビングな名コンボとして人気を博すと同時に「ウエスト・コースト・ジャズはスイングしない」という誹謗に対する格好の反論となるであろう。

とにかくシェリー・マンが繰り出すリズムに乗ってメンバー各々のイカスソロが続く。またシェリー・マンのちょっとしたおかずもかっこいい。

さて「HIS MEN」のライブ・アルバムだがいずれも楽しさに満ちた小品だ。典型的なバップの編成ながらでてくるサウンドは洗練されていて施されたアレンジもさりげない。

このブラックホークのライブは全部で5枚。今回は第1集を取り上げた。

まず言いたいのはアルバムの冒頭の1曲は大事だなあということ。この出だしでアルバムにのめり込めるか否かがかなり決まる。

そこでこの「SUMMERTIME」だが素晴らしい。ベースが絡むトランペットによるレイジーなテーマがかっこいい。僕好みです。ジョー・ゴードンのウォームなトランペットもいいがリッチー・カミューカのテナーが素晴らしい。最初の1音でゾクっとくる。

彼はアル・コーンやズート・シムスと同じブラザーズサウンドのテナー奏者で、比較的地味な存在だがこのソロを聴いてもらえばわかるとおりかなりの実力者です。ズート・シムスを思わせるスインガーぶりを見せてくれる。シェリー・マンのブラシもきけます。

2曲目の「OUR DELOGHT」はタッド・ダメロンの有名なオリジナルでバップ時代の名曲だ。しかしここでのプレイはバップ時代の騒々しさはなくスマートな演奏だ。ここでもリッチー・カミューカのテナーが実に素晴らしい。次から次へと繰り出されるソロがほんとにメロディックだ。

テナーの後のジョー・ゴードンのプリティなトランペットもよい。彼もまた残したアルバムが少ないのでここでのプレイは貴重だ。

そしてモンティ・バドウィッグの太いベース。僕はこの人がこんなに太いベースだとは思っていなかった。ボン・ボンとベースがうなります。

それからベース・ソロの前に入るシェリー・マンのドスン一発。これがまたかっこいいです。これを聞き逃さないでください。

3曲目「POINCINANA」ウエスト・コースターはラテンが好きだ。全曲と同じ構成で好調なプレイが続く。この演奏も素晴らしい。

4曲目「BLUE DANIEL」はトロンボーンの名手フランク・ロソリーノのオリジナルでジャズ・ワルツだ。この曲ではなんといってもジョー・ゴードン。ブッカー・リトルの「BOOKER'S WALTZ」を思わせるブリリアントなトランペットがすごい。ジョー・ゴードンのベスト・トラック。

5曲目は前曲の別テイクです。これもジョー・ゴードンのトランペットが光ります。

最後はこのグループのテーマで締めくくり。最後のアナウンスもジャズだなあという感じです。

ウエスト・コースト・ジャズってこんなに楽しいジャズなんだということをあ

購入サイトへ




ジャズショップAGATAのTOPページへ商品検索ページトップ

ファックスのご注文

Copyright(c)1999-2004.JAZZ SHOP AGATA,all rights reserved.